今年も「こころの自由帳」作品展を開催します

「こころの自由帳」は、東日本大震災の復興支援活動を通じてご縁が結ばれた宮城県・福島県内の小中学生の皆さんから、自由な表現でお寄せいただいた「今の気持ち」を作品として展示し、多くの方々に紹介する活動です。

 

今年で4回目の開催となり、7月には宮城・福島の公立小中学校、約500校に対して作品募集のご案内をお送り致しました。今回も鎌倉と奈良を中心に作品展を開催いたします。詳細が決まり次第、お知らせ致します。また、より多くの方々に被災地の子どもたちの声を届けるために「こころの自由帳」作品展の「巡回展示」も行っておりますので、ご検討いただける方は槐の会事務局までお問い合わせ下さい。

 

昨年は書、絵画、作文、写真、メッセージなど約350点の作品をいただき、東大寺大仏殿ほか奈良市内2ヶ所、鶴岡八幡宮ほか鎌倉市内中学校、江ノ電の車輌内など、奈良と鎌倉を中心に全国の多くの方々に「子どもたちの声」を届けることができました。 また、作品展にご来場いただいた方々より、宮城・福島の子どもたちに宛てられた心温まるたくさんのメッセージもいただきました。

その一部は作品と一緒に作品集に収め、おさめきれなかったメッセージも応募いただいた小中学校にお届け致しました。ページ左下の『こころの自由帳』をクリックしていただくと、過去3回の作品集をご覧いただけます。尚、作品集をご希望の方は、下記「槐の会事務局」までご連絡下さい。

 

ご案内が届かなかった宮城・福島の学校関係者の方や、児童本人・保護者の方で、作品展にご協力いただける方がいらっしゃいましたら、槐の会事務局までご連絡願います。槐の会は被災地の未来を担ってゆく子どもたちの声を一人でも多く届けることで、震災復興の現状を伝え、子どもたちが健やかに成長するよう微力ながら応援を続けていきたいと考えています。宜しくお願い致します。

 

    第4回「こころの自由帳」作品募集  詳細はこちら 

 

   【槐(えんじゅ)の会事務局】

    〒248-8588 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮社務所内

    TEL:0467-22-0315  FAX:0467-22-4667  E-mail:enju@hachimangu.or.jp 

 

こころの自由帳作品募集チラシ

 


カテゴリー: 東日本大震災復興支援