東日本大震災「復興支援活動」の取り組みについて紹介しました

ふくしま・かながわ夏休み子ども交流プログラム2014活動紹介

ふくしま・かながわ夏休み子ども交流プログラム

鎌倉ジュニア防災フォーラム2014活動紹介

鎌倉ジュニア防災フォーラム

第三回「こころの自由帳」作品展示

「こころの自由帳」作品展示

第三回「こころの自由帳」作品展示(階上中学校)

「こころの自由帳」作品展示

応援メッセージ(御成中学校)

ご来場いただいた方々からのメッセージをまとめる御成中学校ボランティア部の皆さん

被災地の子どもたちへの応援メッセージ(御成中学校)

宮城・福島の子どもたちへのメッセージ

 

9月28日、鎌倉市立御成中学校の文化祭において、槐の会の「復興支援活動」紹介展示を行いました。槐の会は、復興のその先にある未来を担う子どもたちが、健やかに伸びやかに成長するよう息の長い応援を続けていきたいと考えております。

当日は、御成中学校ボランティア部のブース(教室)を半分お借りして、以下の3つの復興支援活動をご紹介させていただきました。

 

「ふくしま・かながわ夏休み子ども交流プログラム2014」

 原発事故の影響により、自然の中で思いっきり遊ぶことのできない福島県の子どもたちを鎌倉に招待

 し、鎌倉の子どもたちとともに自然や文化を感じながら、学び、遊び、そして交流を深めることが出

 来ました。

 

「鎌倉ジュニア防災フォーラム2014」

 宮城県内の防災先進校である気仙沼市立階上中学校の皆さんを鎌倉に招待し、鎌倉市立第一中学校、

 御成中学校の皆さんと共に、学校における防災教育の重要性と地域との連携のあり方などについて、

 考えました。

 

「こころの自由帳」

 これまでの支援活動を通じてご縁が結ばれた宮城県・福島県内の小中学生の皆さんから、書・絵・詩

 など自由な表現でお寄せいただいた「今の気持ち」を多くの皆様にご紹介し、更に応援メッセージや

 表現作品の交流も行って、お互いの「こころ」を固く、強く、結んで行こうという活動です。

 

 


カテゴリー: 東日本大震災復興支援