『ふくしま・かながわ夏休み交流プログラム 2018』を開催しました

7月24日から26日にかけて2泊3日の行程で、『ふくしま・かながわ夏休み交流プログラム2018~かながわの文化と自然を体験しよう!~』を開催しました。

福島の沿岸地域の子どもたちの多くは、原発事故の影響などにより、震災後7年以上が経過した今でも地元の川や海で思いっきり遊ぶことのできない状況が続いています。このプログラムは、そんな福島県の子どもたち(南相馬市の小学生)を神奈川に招待し、神奈川の文化・自然・人との触れ合いを通して、子どもたちに夏休みの楽しい思い出をつくってあげたいとの想いからはじめられ、今年で6回目の開催となります。

震災以降、林間・臨海学校の開催やキャリア教育など、南相馬の子どもたちの健やかな成長のために尽力している特定非営利活動法人「南相馬こどものつばさ」の協力のもと参加者を募り、今年は南相馬市内の小学5年生(9名)が参加しました。

1日目は、鶴岡八幡宮にて正式参拝をし、境内を散策、宮司より講話をいただきました。
その後は鎌倉彫資料館に行き、コースター作りの体験をしました。鎌倉彫独特の彫り線が多く難しい作業で子どもたちは苦労をしていましたが、指導員さんのご指示の下時間いっぱいに作業をし、綺麗なコースターを作り上げていました。

夕食後は、全員で荏柄天神社の宵宮祭を訪れました。しっかりと御本殿に手を合わせてお参りし、天神様のご由緒を学んでから、お守りを受けたり、スーパーボールすくいをしたり、スイカを食べたりとみんなが思い思いにお祭りを楽しんでいました。

2日目は二宮海岸の漁師の市五郎丸さんにて地引網体験をしました。今は親しみの余りない海辺で声を掛け合い力を合わせて重い網を引き上げると中にはたくさんの魚が。とれた魚はおいしくいただき、子どもたちは漁業の大変さや命の尊さを身をもって学んだことでしょう。夕方には山北町の中川温泉に移動し、みんなで川遊びや花火をして夏の思い出をつくりました。

福島からバス・新幹線を乗り継いでの長距離移動で大変でしたが、子どもたちは疲れも見せず、全力でプログラムを楽しんでくれました。

槐の会では、今後も被災地の子どもたちの健やかな成長を願って、支援を続けて参ります。

カテゴリー: 東日本大震災復興支援

東日本大震災 物故者慰霊と被災地復興への祈り

鶴岡八幡宮と東大寺は、私たちの国が常に神仏に見守られながら困難を克服してきた歴史に思いを致し、
「東日本大震災により犠牲となられた御霊の安らかならんこと」と「被災地の一日も早い復興」を祈る合同の祭事・法要を、発災のその年から鎌倉と奈良の地で交互に行って参りました。

発災から7年目となる今年は、宮城県松島市瑞巌寺で行われました。
槐の会では「合同祭事」への参列を中心とした1泊2日の研修旅行を企画し、約30名の会員が参加致しました。

当日は心配されていた雨も上がり、国宝に指定されている豪華絢爛な御本堂の中で厳粛に祭典が執り行われました。
東大寺式衆による大般若経の転読、鶴岡八幡宮田宮司による祝詞の奏上、また八幡宮巫女による浦安の舞の奉仕など、宗教をこえて祈りを捧げ、参列者一同が今一度、物故者慰霊と復興に向けた思いを強くしました。

 

東大寺式衆による大般若経転読

八幡宮巫女による浦安の舞

 

祭典後は奉納行事として書家・金澤翔子氏による座上揮毫が行われました。
金澤氏は全身を使って力強く「共に生きる」と書かれ、書の持つ力に一同が感銘を受けておりました。

翌日は、志波彦神社・鹽竈神社を訪れ、正式参拝させて頂きました。
神職の方に神社の歴史や祭祀について、また特に震災時の神社の様子など教えていただきながら、緑豊かな境内を散策しました。

 

正式参拝の様子

 

境内散策の様子

 

その後は、東北歴史博物館で開催されていた東日本大震災復興祈念特別展「東大寺と東北-復興を支えた人々の祈り-」を観賞し、数々の貴重な寺宝や史料を通して、東大寺創建当初、また鎌倉時代、江戸時代の復興と東北のつながりを学びました。

次の合同祭事は今年9月に岩手県陸前高田市で行われる予定です。
槐の会では、今後も様々な行事を実施して参りますので、皆様どうぞ奮ってご参加下さい。

カテゴリー: 東日本大震災復興支援

平成30年度の月次祭への参列がはじまりました

 

月次祭は八幡様とご縁の深い毎月15日に執り行われ、神恩感謝と、崇敬者の皆様の益々の繁栄をお祈りする祭事です。
槐の会会員の皆様には、特別に参列の機会が設けられており、年間で7回(5月・6月・7月・8月・10月・2月・3月)実施されます。

 

 

月次祭への参列は実際の「お祭り」を肌で感じることが出来る貴重な機会であり、鶴岡八幡宮の外郭団体である「槐の会」の活動の中でも、八幡様と会員の皆様のご縁を、更に強く太くしていただく重要な活動です。

例年多数のお申し込みがあることから、平成27年度の月次祭より参列人数の定員を増やしており、本年も多くの会員の皆様にご参列いただいております。

 

 

尚、本年度の参列申込の受付は既に終了しております。

来年度の「月次祭参列のご案内」は、「会員更新手続き」のご案内と一緒に、年度末(平成31年3月)にお送り致します。

 

槐の会は、鶴岡八幡宮の外郭団体として今後も日本の伝統文化の素晴らしさを幅広い人々にお伝えする機会をつくり、次の世代に伝えていけるよう取り組んで参ります。

カテゴリー: 伝統文化の振興

春の森林活動のご案内

槐の会では、自然環境保護活動の一端として神奈川と「森林再生パートナー」の覚書を締結し、春秋各1回程度の森林活動を行っています。本年度も下記の通り、2回目の活動を実施いたしますので、ご案内申し上げます。

初夏の水源林で爽やかな空気を感じながら、活動を楽しんで戴きたいと思います。

皆様の積極的なご参加をお待ちしております。尚、活動場所は「神奈川県立21世紀の森」で実施いたします。

 

 

●開催日時  平成30526()午前10時~午後3時頃

※悪天候等の場合は中止となることがございます。

●募集定員  80(ご同伴可) ※バス出発地の希望は先着順(40名ずつ)となります

●参加費  「環境保護寄付金・プログラム費用等」おひとり1000円より

       継続的な森林活動の実施のため、皆様から寄付金を募っております。

●申込方法  申込用紙を印刷の上、FAX・郵送にてお申し込み下さい。

       メールでのお申し込みも承ります。

 

●現地へは、バスをご用意しております

出発地は、鎌倉駅・藤沢駅となります。

またJR松田駅へ藤沢発のバスがお迎えに上がります。

現地集合も可能です。

 

●現地での活動

午前中は林内整備活動を行います。

午後は事前ご希望いただいたコースに分かれて活動します。

①自然観察コース散策(ゆったりと自然を感じながら森林内を散策します)

健脚トレッキング(2つの山道を上り下りします。足腰に自信がある方におすすめ)

③木工(伝道糸鋸を使用しコースター作りをします)

以上の3つからお選びいただきます。

 

ダウンロードはこちら

森林活動案内  

申込用紙

ご不明な点がございましたら、事務局へご連絡ください。

カテゴリー: 自然環境保護

第11回 槐の会写真展「四季の鶴岡八幡宮」 作品募集のお知らせ

第11回 槐の会写真展「四季の鶴岡八幡宮」 作品募集のお知らせ

国指定史跡でもある鶴岡八幡宮境内では豊かな自然が四季を通して桜、新緑、蓮、紅葉、雪景色等の様々な表情を私たちに見せてくれます。
そこには古の記憶や人々の祈り、そして豊かな自然の表情が詰まっています。
その風光の素晴らしさと感動を、より多くの方にご紹介し、自然環境保護への意識を高めて戴く為に、広く一般から作品を募り、写真展「四季の鶴岡八幡宮」を開催します。
鶴岡八幡宮の情景をファインダーを通して再発見してください。写真経験の無い方もお気軽にご応募下さい。

詳細は こちら からご覧ください。

カテゴリー: 自然環境保護