青少年育成活動への支援を行いました

h20_8林間1h20_8林間2

 

8月21日〜27日の間、鶴岡八幡宮において「環境」をテーマに据えた小学生対象の鶴岡林間学校が行われました。
当会では、会の運営に際して掲げている「5つの目的」のひとつである「青少年育成活動への支援」として林間学校への協力を行いました。
昨年は物品による協力のみでしたが、本年は「環境」を学ぶフィールドとして、本年1月に神奈川県と水源林パートナーの覚書を締結した松田町寄にあるパートナー林を提供致しました。訪れた参加者には水源林の観察を通して、森と水の関係や、ひいては地球温暖化について考えるよい機会となっていました。

 

h20_8林間3h20_8林間4

 

さらに、林間学校参加の記念品として”伝統的なエコバック”ともいえる「風呂敷」を提供しました。日常生活で忘れられ始めている「包む」「結ぶ」という”日本文化の形を伝える教材”を受け取った子供たちは、道具箱を包むなど、早速活用していたようです。
また、指導にあたるスタッフには顔写真入りのネームカードを作成、寄付しました。
槐の会では引き続き、様々な青少年育成活動への支援をしていく所存です。

カテゴリー: 青少年育成

写真展「四季の鶴岡八幡宮」開催いたします

槐の会主催によりまして第1回写真展を開催する運びとなりました。
「四季の鶴岡八幡宮」というテーマに沿う、すばらしい作品の応募を多数戴きました中から、元日本写真家協会会長 芳賀日出男先生により選考された57点の作品を展示いたします。
どの作品も鶴岡八幡宮の一面を良く捉えています。境内環境の素晴らしさを見つめるとともに、広く自然環境保護への意識を高めて戴く機会になれば幸いに存じます。
尚、応募に際しましての出展料は、本会の自然環境保護活動へ充てさせて戴きます。
入場は無料です。皆様のご来場をお待ちしております。

 

会期 平成20年9月7日(日)〜9月13日(土)
時間 午前10時〜午後4時
場所 鶴岡八幡宮 直会殿

カテゴリー: 自然環境保護

やどりき水源林にて第1回森林活動を行いました

4月27日槐の会パートナー林除幕式並びに第1回森林活動を行いました。
当日は約50名の会員にご参加いただき、午前中は標示看板除幕式の後「ほうの木」「いろはもみじ」「山桜」あわせて50本の苗木を植樹しました。これら広葉樹が根付くと、秋に葉を落とし森に栄養を与える為、水を蓄える力が増します。
また、午後には自然観察会を行い、森林インストラクターより森の植生について説明を受け、環境保護への意識を高めることができました。
今後も、より豊かな水源の森を目指す「水源林パートナー」として、森林活動を行って参りますので、その際は奮ってご参加下さい。

 

h20_4水源林2h20_4水源林1

カテゴリー: 自然環境保護

水源林パートナーの協定を締結しました

h20_4水源林活動はじめます

 

本年1月末に槐の会は自然環境保護活動の一端として、神奈川県と「水源林パートナー」の覚書を締結しました。
水源林パートナーとなった槐の会には、足柄上郡松田町寄にある県有林の一部が「パートナー林」として設定され、県と協力して、このパートナー林を中心とする水源域の森林の保護・管理に協力していくことなります。
具体的には、森林づくりの活動として荒廃地への新たな植樹や既存林での維持管理作業を継続的に実施します。
またパートナー林は、鶴岡八幡宮が進める青少年育成活動における環境教育プログラムのフィールドとしての提供を予定しており、自然と触れ合う観察会など、青少年を対象とした具体的な活動も今後計画していきたいと考えています。

カテゴリー: 自然環境保護

槐の会伝統文化セミナー 御鎮座記念祭「御神楽」を開催いたしました

h19_12伝統文化セミナー報告

 

去る12月16日、御鎮座記念祭にあわせて「第一回槐の会伝統文化セミナー」が行われました。
鶴岡八幡宮宮司の挨拶ののち、財団法人 民族芸術交流財団 理事長である三隅治雄氏により『宮中の御神楽とその意義』と題して講演を賜りました。
講演後、篝火が照らす浄闇の中で奉仕される御神楽を、厳かな雰囲気に包まれながら興味深く拝観いたしました。
また、セミナー・御神楽拝観には、国際交流基金の「日本語教育プログラム」を履修中の外国人学生や、東京アメリカンクラブの皆様を招待して国際交流席も設けられました。

カテゴリー: 国際交流と相互理解

32 / 34« 先頭...1020...3031323334