「東日本大震災 物故者慰霊と被災地復興への祈り」が福島県郡山にて行われました

10月22日、福島県郡山市郡山女子大学において、第8回目となる鶴岡八幡宮と東大寺の合同祭事「東日本大震災 物故者慰霊と被災地復興への祈り」が行われました。

鶴岡八幡宮と東大寺は、私たちの国が常に神仏に見守られながら困難を克服してきた歴史に思いを致し、「東日本大震災により犠牲となられた御霊の安らかならんこと」と「被災地の一日も早い復興」を祈る合同の祭事・法要を、発災のその年から鎌倉と奈良の地で交互に行ってきました。本年は開催以来、初めて東北の地で復興祈願祭を執り行いました。

 

 

槐の会では「合同祭事」への参列を中心とした2泊3日の研修旅行を企画し、約20名の会員が参列致しました。

初日には被災地へと赴き、津波被害の大きかったエリアを震災語り部ガイドの方にお話しを戴きながら視察を行いました。造成工事が少しずつ進むなか、人口の流出や居住地の問題など新たな問題が残されていることなど、震災とそれ以降についてお話しを戴きました。

 

また、今年2月に段葛のツツジを寄贈・植樹した公園予定地も訪問し、しっかりと根付いている様子を確認して参りました。

翌日には郡山女子大学での合同祭事に参列致しました。

正午からの第一部では東大寺との合同祭事、続く第二部ではMJCアンサンブルによる合唱、日本の伝統文化「着物ショー」が行われました。

最終日は栃木県の日光東照宮を訪ね、新しくなった陽明門の輝きや、三猿の豊かな表情など様々な彫刻や建築様式に触れながら神職の方に境内のご説明を戴き、正式参拝に臨みました。
 

来年は5月に宮城県松島市の瑞巌寺で合同祭事が執り行われます。

 

槐の会では、今後も様々な行事を実施して参りますので、皆様どうぞ奮ってご参加下さい。

カテゴリー: 会員の親睦と資質向上, 東日本大震災復興支援

第6回「こころの自由帳」作品展 八幡宮にて開催いたします

11月1日より12月1日まで、第6回「こころの自由帳」作品展を鶴岡八幡宮の直会殿にて開催いたします。

 

「こころの自由帳」は、これまでの東日本大震災復興支援活動を通じてご縁が結ばれた宮城県・福島県内の小中学生の皆さんから、書画・作文・写真・メッセージ等の自由な表現方法でお寄せいただいた「今の気持ち」を紹介する活動です。これまで5回の開催で約1600点の作品を皆さんからお寄せ戴きました。

 

震災発災からの時間の経過により、回を重ねていくごとに作品には色々と変化がみられ、その時々の子どもたちの「こころ」や「今の気持ち」「取り巻く環境等の変化」をうかがい知ることが出来ます。

 

この作品展を通じて、子どもたちの「こころ」に触れ、今私たちにできることを、そしてこれから何をすべきかを、御覧戴いた皆様方にも考えて戴ければ幸いです。開催概要は以下の通りです。

 

 

■開催場所 : 鶴岡八幡宮直会殿ロビー(休憩所2階)

 

■開催期間 : 11月1日(水)~12月1日(金)

 

■開催時間 : 午前10時~午後4時

 

■その他 : 入場無料

 

尚、今後の「こころの自由帳」作品展の開催予定は以下の通りです。今後も様々な場所で作品展示を実施し、より多くの方々に子どもたちのメッセージを伝えてまいります。開催予定については決定次第、随時お知らせ致します。皆様のご来場をお待ちしております。

 

◆奈良県立図書情報館      平成30年1月5日~1月14日

 

 

第6回「こころの自由帳」作品展 詳細はこちら 

 

カテゴリー: 東日本大震災復興支援

第10回写真展 講評会並びに表彰式を開催いたしました

去る109日、第10回写真展「四季の鶴岡八幡宮」の講評会並びに表彰式を開催いたしました。

一昨年迄、佳作以上の作品を受賞された方には崇敬者大祭に於きまして表彰式を行っておりましたが、昨年より別の日程で審査委員の芳賀日向先生より、講評と併せて撮影時のポイント、写真の作品化のテクニック等について、お話いただく機会を得て開催いたしております。  

 

まず始めに表彰式が行われ、250点以上の応募の中から選ばれた、宮司賞・審査委員長賞・カメラのキタムラ賞・優秀賞・佳作の受賞者へ賞状と記念品が贈呈されました。  

 

その後の講評会では、今回は芳賀先生より、撮影者の方々に自身の作品について沢山語って頂きたいというご希望があり、実際にご参加いただいた皆さんよりお話を伺うことができました。 皆さんの撮影時のエピソードや、撮影方法、構図など作品へのこだわりをお話いただき、他の受賞者のお話に聞き入っていました。  

 

来年度も、写真展の開催を予定しております。作品募集期間は5月1日~7月末の予定です。一般カメラの部に加え、携帯電話・スマートフォンの部への応募もお待ちしております。

カテゴリー: 自然環境保護

第10回 崇敬者大祭が執り行われました

本年で第10回目となる崇敬者大祭が、10月1日に行われました。

当日は天候にも恵まれ、晴天の中、600人を超える多くの会員が参列しました。

会員は八幡様のご神恩に感謝し、明るい社会が築かれるよう祈りながら、自身の手で玉串拝礼を行いました。

祭主による祝詞奏上

参列者のお祓い

巫女による萬代の舞

参列者全員で玉串拝礼

 

午後には流鏑馬を執行し、更に多くの会員の方々が拝観されました。

本年は総奉行に、鎌倉市観光協会会長・大森道明様をお迎えし、勇壮に流鏑馬が執り行なわれました。大森様は当宮研修道場の剣道科において長年に亘り熱心なご指導をいただいておりますとともに、地区役員としても多大なご尽力を賜っております。

また、国際交流活動の一端として、的中を知らせる【采揚(ざいあげ)】や、射手の交代時に的を換える【的持(まともち)】等の諸役の体験奉仕に、在日各国公館関係者子弟が参加しました。子どもたちからは、「日本の文化を体験できて楽しかった」という感想をいただきました。

神酒拝戴式

馬場入

国際交流活動 的持を体験

見事的中!

 

カテゴリー: 伝統文化の振興, 国際交流と相互理解

秋の森林活動のご案内

槐の会では、自然環境保護活動の一端として神奈川と「森林再生パートナー」の覚書を締結し、春秋各1回程度の森林活動を行っています。本年度も下記の通り、2回目の活動を実施いたしますので、ご案内申し上げます。

色づき始めた水源林で爽やかな空気を感じながら、活動を楽しんで戴きたいと思います。

皆様の積極的なご参加をお待ちしております。尚、活動場所は「やどりき水源林」で実施いたします。

 

 

●開催日時  平成291029()午前10時~午後3時頃

●募集定員  80(ご同伴可) ※バス出発地の希望は先着順(40名ずつ)となります

●参加費  「環境保護寄付金・プログラム費用等」おひとり1000円より

       継続的な森林活動の実施のため、皆様から寄付金を募っております。

●申込方法  申込用紙を印刷の上、FAX・郵送にてお申し込み下さい。

       メールでのお申し込みも承ります。

 

●現地へはバスをご用意しております

出発地は、鎌倉駅・藤沢駅となります。

またJR松田駅へ藤沢発のバスがお迎えに上がります。

現地集合も可能です。

 

●現地での活動

午前中は林内整備活動を行います。

午後は<①癒し体験&散策/②クラフト工作(エコバッグ作り)>の二種類からお選び下さい。

 

ダウンロードはこちら

森林活動案内

申込用紙

 

ご不明点がございましたら、事務局までご連絡下さい。

カテゴリー: 自然環境保護

1 / 2612345...1020...最後 »