槐の会主催「国際文化交流事業」がハワイで行われました

ハワイ国際文化交流(御神楽と古典フラの共演)

平成27年10月6日~15日にかけて、「鶴岡八幡宮」と「古典フラの継承団体」共同の文化交流事業がハワイで行われました。この事業は、現地の伝統歌舞を継承するイーデス・カナカオレ財団の呼び掛けに八幡宮が応じ、国際交流基金の助成を受けて、槐の会主催により実現しました。

 

先ずは10月7日、八幡宮「御神楽」と古典フラ「カヒコ」の共演がハワイ・コンベンションセンター(オアフ島ホノルル)で行われました。最初に力強い古典フラが披露され、続いて鶴岡八幡宮田宮司による神道と御神楽についての紹介の後、最後に御神楽が厳粛に奉奏されました。

古典フラ(オアフ島)

古典フラ(オアフ島)

古典フラ(カウアイ島)

古典フラ(カウアイ島)

古典フラ(ハワイ島)

古典フラ(ハワイ島)

古典フラ(ハワイ島)

古典フラ(ハワイ島)

吉田宮司の講演

吉田宮司による御神楽と日本文化に関する講演

萬代の舞

萬代の舞

浦安の舞

浦安の舞

人長舞

人長舞

 

また、カウアイ島・ハワイ島では神道文化を体験するワークショップが開催され、参加者は絵馬に願い事を書き、神職・巫女と一緒に雅楽や舞の体験しました。

神楽舞のレッスン(カウアイ島)

神楽舞のレッスン

千早の着装

装束(千早)を着けて

神楽笛のレッスン

神楽笛のレッスン

レッスンの仕上げ

レッスンの仕上げ

 

「神楽舞」と「古典フラ」は、静と動、その動きは対局にあるように感じられますが、畏敬の念に基づく神々への「感謝」と「祈り」という共通点があり、現地で共感と日本文化への関心を呼び起こし、意義ある事業となりました。


カテゴリー: 国際交流と相互理解