青少年育成活動への支援を行いました

槐の会では毎年8月に、青少年育成のための活動として、鶴岡八幡宮・子ども会「鶴の子会」主催で行われる鶴岡林間学校へ、子どもたちの学びの場としてパートナー林「延寿の森」と記念品の提供、そして指導者(森林インストラク
ター)の斡旋を行っています。

 

当日は八幡宮に集合し、八幡様に活動の無事を祈ってお参りをした後、やどりき水源林までバスで移動しました。到着後は、森林インストラクターの指導の下、班ごとに分かれて、以下の通り活動しました。

 

■活動1 水棲生物の観察

河原で水棲生物の採集・観察を行い、プラナリアやトビケラなど普段観ることができない清流に棲む小さな生物の生態について学習しました。

 

■活動2 林内散策

インストラクターから植物や生き物などの森に関する様々な説明を聞きながら、林の中を散策しました。

 

 

今回の記念品には「温度計」を用意し、参加した子どもたち全員に配布しました。この記念品は、自然環境について考える教材として、「延寿の森」から生まれた「間伐材」を用いて毎年オリジナルに製作しているものです。

この水源林を護るために間伐した木々を利用した「温度計」から、子どもたちが「無駄にしない」「もったいない」「有り難い」といった日本人のこころも学び取ってくれることを願っています。

 

今年も雨が心配される中ではありましたが、子供たちはなかなか訪れることができない大自然の中でのびのびと活動をしていました。

槐の会では、青少年育成のための支援を今後も続けて参ります。


カテゴリー: 自然環境保護, 青少年育成