カテゴリー:東日本大震災復興支援

東日本大震災「復興支援活動」の取り組みについて紹介しました

ふくしま・かながわ夏休み子ども交流プログラム2014活動紹介

ふくしま・かながわ夏休み子ども交流プログラム

鎌倉ジュニア防災フォーラム2014活動紹介

鎌倉ジュニア防災フォーラム

第三回「こころの自由帳」作品展示

「こころの自由帳」作品展示

第三回「こころの自由帳」作品展示(階上中学校)

「こころの自由帳」作品展示

応援メッセージ(御成中学校)

ご来場いただいた方々からのメッセージをまとめる御成中学校ボランティア部の皆さん

被災地の子どもたちへの応援メッセージ(御成中学校)

宮城・福島の子どもたちへのメッセージ

 

9月28日、鎌倉市立御成中学校の文化祭において、槐の会の「復興支援活動」紹介展示を行いました。槐の会は、復興のその先にある未来を担う子どもたちが、健やかに伸びやかに成長するよう息の長い応援を続けていきたいと考えております。

当日は、御成中学校ボランティア部のブース(教室)を半分お借りして、以下の3つの復興支援活動をご紹介させていただきました。

 

「ふくしま・かながわ夏休み子ども交流プログラム2014」

 原発事故の影響により、自然の中で思いっきり遊ぶことのできない福島県の子どもたちを鎌倉に招待

 し、鎌倉の子どもたちとともに自然や文化を感じながら、学び、遊び、そして交流を深めることが出

 来ました。

 

「鎌倉ジュニア防災フォーラム2014」

 宮城県内の防災先進校である気仙沼市立階上中学校の皆さんを鎌倉に招待し、鎌倉市立第一中学校、

 御成中学校の皆さんと共に、学校における防災教育の重要性と地域との連携のあり方などについて、

 考えました。

 

「こころの自由帳」

 これまでの支援活動を通じてご縁が結ばれた宮城県・福島県内の小中学生の皆さんから、書・絵・詩

 など自由な表現でお寄せいただいた「今の気持ち」を多くの皆様にご紹介し、更に応援メッセージや

 表現作品の交流も行って、お互いの「こころ」を固く、強く、結んで行こうという活動です。

 

 

カテゴリー: 東日本大震災復興支援

『ふくしま・かながわ 夏休み子ども交流プログラム 2014 ~ かながわの文化と自然を体験しよう!~ 』を開催しました

8月16日から18日にかけて、2泊3日の行程で、『ふくしま・かながわ 夏休み子ども交流プログラム 2014』を開催しました。このプログラムは、原発事故の影響により、自然の中で思いっきり遊ぶことのできない福島県の子どもたち(小学生)を鎌倉に招待し、鎌倉の子どもたちとともに自然や文化を感じながら学び、そして遊ぶなかで、交流を深めて行こうというプログラムです。
初日の「湘南体験プログラム」では、江ノ島の散策や新江ノ島水族館の見学、「文化体験プログラム」では、江ノ電を利用して、鎌倉の街を散策をしました。また、夜の「宿泊プログラム」では鶴岡八幡宮に宿泊をしました。
翌日は「自然体験プログラム」として、鶴岡八幡宮の子ども会「鶴の子会」が主催する「鶴岡林間学校」の参加者・約100名とともに、槐の会が神奈川県とパートナー契約を結んでいる足柄上郡松田町の「やどりき水源林」にて、水棲生物の観察や、「葉っぱ」をスタンプとして利用したトートバッグ作りを行いました。

午後は山北町に移動し、河原で水遊び、そして虹鱒(にじます)の掴み取り体験。参加した子どもたち(福島県南相馬市)は、東日本大震災の発災以降、3年以上が経過した今でも、故郷の海や川に入って水遊びができない状況下で生活しています。今回のプログラム中、子どもたちの笑顔が一番印象的だったのは、この川遊びの時間でした。

参加した子どもたちは、神奈川の文化と自然を大いに満喫し、限られた時間ではありましたが、鎌倉の子どもたちとの友情も深められたことと思います。槐の会は、今後も被災地の子どもたちの元気な笑顔が輝けるように、息の長い支援を続けて参ります。

 

実施場所  神奈川県鎌倉市「鶴岡八幡宮境内」及び 神奈川県足柄上郡松田町「やどりき水源林」ほか

実施期日  平成26年8月16日()より18日() (2泊3日)

参 加 者  福島県南相馬市内の小学生3~6年生 (合計18名)

主  催  鶴岡八幡宮 槐の会

協  力  南相馬こどものつばさ(福島県南相馬市鹿島区寺内字八幡林45番地)

後  援  神奈川県教育委員会・鎌倉市教育委員会・神奈川県PTA協議会・神奈川新聞社・

      江ノ島電鉄株式会社・鎌倉市観光協会

カテゴリー: 東日本大震災復興支援

『鎌倉ジュニア防災フォーラム2014 ~ みんなで考える まちづくり と 防災 ~ 』を開催しました

 

8月4日~6日にかけて、「鎌倉ジュニア防災フォーラム2014」が開催されました。
ジュニア防災フォーラムを開催するのは、2013年(平成25)8月の「鎌倉での防災フォーラム」、2014年(平成26)3月の「気仙沼でのフォーラム」に引き続き、3回目となります。
今回も、宮城県内の防災先進校である気仙沼市立階上中学校の皆さんを鎌倉にお招きし、鎌倉市立第一中学校・御成中学校の皆さんと共に、学校における防災教育の重要性と地域との連携のあり方などについて考えました。
初日は、主会場となった鶴岡八幡宮の正式参拝や江ノ島の散策など、鎌倉・湘南の歴史や文化に触れる機会も設けられ、参加者はすぐに気仙沼と鎌倉という地域の壁を越えてうち解け合っていました。

2日目は、鎌倉市立第一中学校にて、今回のテーマ「まちづくり と 防災」に基づいて、菊田篤氏(気仙沼市議会議員・階上地区まちづくり協議会サポーター)による講演「被災地域の町づくりを考える」や、階上中学校の皆さんによる「階上中学校の防災学習10年の歩み」についての発表が行われました。
午後からは、同校学区内の地域自治会の皆さんが一から築かれた災害時の避難経路を、自治会「防災部」の皆さんの案内のもと実際に歩くフィールドワークも実施されました。
そして最終日には、チリ大使館一等書記官 モニカ・ブラボ氏をお招きし、1960年と2010年、二度のチリ地震による被害状況と、チリ共和国の震災復興への取り組み、日本とチリとの関係などについて、ご講演いただきました。
参加した中学生の皆さんからは、「防災意識が高まった」「学んだ情報を周囲に発信したい」といった声が聞かれました。

カテゴリー: 東日本大震災復興支援

鎌倉ジュニア防災フォーラム2013現地訪問学習

宮城県気仙沼向洋高等学校

鎌倉では早くも桜の開花が話題になる彼岸の頃、東北の海や山河はまだ厳しい冬の表情のまま、静かに私たちを迎えてくれました。

東日本大震災の発災から満三年が経過し、私たちが生活する首都圏では「大震災から“もう”三年」という言葉が当たり前のように使われていました。しかし、今回の訪問学習に参加した鎌倉の中学生たちは、肌を刺すような寒風の中で、強く「“まだ”三年」という実感を持ったことと思います。

海抜20メートルに位置しながら津波の直撃を受け、再開を断念してこの春に閉校となった中学校を訪ねました。「あの日・あの時」の時間を刻んだまま止まっている時計、311()・卒業式総練習」と書かれたままの黒板、そして校庭の全面に建ち並ぶ仮設住宅。その学校の生徒たちは、他校を間借りしながら3年間の中学校生活を送り卒業して行った由。平素、自分たちが享受している恵まれた学習環境との違いを、どのように受け止めたでしょうか。

仮設住宅には、鎌倉から応援のメッセージをしたためた絵馬をお届けしました。遠くからやってくる中学生たちの気持ちに応えようと、不自由な生活の中でも、手作りの品や沢山のお菓子を準備して待っていてくれたお年寄りの笑顔に接し、一人ひとりの心の中には熱くこみ上げるものがあった筈です。

また、今や“防災先進地域”となっている現地では、中学生たちが地域における防災活動において重要な役割を担い、実践的な訓練を積み重ねていることを目の当たりにして、鎌倉地域の立ち遅れに危機感を持つとともに、今後の自分たちの役割に意欲を燃やすメンバーもいました。

今回、鎌倉の中学生たちが直接「見て・聞いて・感じた」ことは、今後の継続的な学習を通じて現実に対する正しい「理解」となり、「自分たちには何が出来るのか」「何をなすべきなのか」と云う真摯な問題意識を醸成することでしょう。やがてそこからは、社会の成員として、私たちの国と社会の未来に対する強い使命感が育くまれて行くことを信じます。

昨夏、鎌倉の地に気仙沼の中学生たちを迎えて「鎌倉ジュニア防災フォーラム2013が開かれてから7か月、節目の春に斯様に意義深い交流活動が実現したことは、偏に気仙沼市立階上中学校と鎌倉市立第一中学校両校の生徒職員の若く・真っ直ぐな思いと、それを全面的に支持・支援された校長先生を始めとする先生方の熱意によるものです。

また、神奈川県・宮城県双方の学校教育・社会教育の各機関や地域関係の皆様から様々なご協力を賜り、この訪問学習は所期の目的以上に実りあるものとなりました。

ご理解とお力添えを戴いた全ての皆様に衷心より感謝申し上げ、ここに活動報告をお届け致します。

カテゴリー: 東日本大震災復興支援

『鎌倉ジュニア防災フォーラム2013〜気仙沼から鎌倉へ〜』を開催しました

8月6日から8日にかけて、当会の企画により『鎌倉ジュニア防災フォーラム2013〜気仙沼から鎌倉へ〜』が開催され、東日本大震災で大きな被害を受けながらも、地域における防災活動拠点としての役割を果たし続けている気仙沼市立階上中学校の皆さんを招き、その貴重な体験と取り組みから学ぶ機会が設けられました。
同世代の鎌倉市立第一中学校の生徒との相互交流や、両校の防災意識の向上に向け、両校混成の小グループでの討議・発表など、充実したプログラムが行われました。
中学生たちは自らの「体験・知識・思い」を総動員して「今、自分たちに何が出来るのか」「これから、自分たちは何をするべきなのか」という問いに対して、真剣に向き合っていました。
また、期間中は、ぼんぼり祭の拝観や和賀江島の見学など、鎌倉の歴史や文化、自然に触れる機会も設けられました。当会では、今後とも被災地と鎌倉の子どもたちの交流と相互学習を積極的に支援していく予定です。

 

集合写真和賀江島

グループ討議討議結果発表

カテゴリー: 東日本大震災復興支援