カテゴリー:東日本大震災復興支援

東日本大震災 物故者慰霊と被災地復興への祈り

鶴岡八幡宮と東大寺は、私たちの国が常に神仏に見守られながら困難を克服してきた歴史に思いを致し、
「東日本大震災により犠牲となられた御霊の安らかならんこと」と「被災地の一日も早い復興」を祈る合同の祭事・法要を、発災のその年から鎌倉と奈良の地で交互に行って参りました。

発災から7年目となる今年は、宮城県松島市瑞巌寺で行われました。
槐の会では「合同祭事」への参列を中心とした1泊2日の研修旅行を企画し、約30名の会員が参加致しました。

当日は心配されていた雨も上がり、国宝に指定されている豪華絢爛な御本堂の中で厳粛に祭典が執り行われました。
東大寺式衆による大般若経の転読、鶴岡八幡宮田宮司による祝詞の奏上、また八幡宮巫女による浦安の舞の奉仕など、宗教をこえて祈りを捧げ、参列者一同が今一度、物故者慰霊と復興に向けた思いを強くしました。

 

東大寺式衆による大般若経転読

八幡宮巫女による浦安の舞

 

祭典後は奉納行事として書家・金澤翔子氏による座上揮毫が行われました。
金澤氏は全身を使って力強く「共に生きる」と書かれ、書の持つ力に一同が感銘を受けておりました。

翌日は、志波彦神社・鹽竈神社を訪れ、正式参拝させて頂きました。
神職の方に神社の歴史や祭祀について、また特に震災時の神社の様子など教えていただきながら、緑豊かな境内を散策しました。

 

正式参拝の様子

 

境内散策の様子

 

その後は、東北歴史博物館で開催されていた東日本大震災復興祈念特別展「東大寺と東北-復興を支えた人々の祈り-」を観賞し、数々の貴重な寺宝や史料を通して、東大寺創建当初、また鎌倉時代、江戸時代の復興と東北のつながりを学びました。

次の合同祭事は今年9月に岩手県陸前高田市で行われる予定です。
槐の会では、今後も様々な行事を実施して参りますので、皆様どうぞ奮ってご参加下さい。

カテゴリー: 東日本大震災復興支援

「東日本大震災 物故者慰霊と被災地復興への祈り」が福島県郡山にて行われました

10月22日、福島県郡山市郡山女子大学において、第8回目となる鶴岡八幡宮と東大寺の合同祭事「東日本大震災 物故者慰霊と被災地復興への祈り」が行われました。

鶴岡八幡宮と東大寺は、私たちの国が常に神仏に見守られながら困難を克服してきた歴史に思いを致し、「東日本大震災により犠牲となられた御霊の安らかならんこと」と「被災地の一日も早い復興」を祈る合同の祭事・法要を、発災のその年から鎌倉と奈良の地で交互に行ってきました。本年は開催以来、初めて東北の地で復興祈願祭を執り行いました。

 

 

槐の会では「合同祭事」への参列を中心とした2泊3日の研修旅行を企画し、約20名の会員が参列致しました。

初日には被災地へと赴き、津波被害の大きかったエリアを震災語り部ガイドの方にお話しを戴きながら視察を行いました。造成工事が少しずつ進むなか、人口の流出や居住地の問題など新たな問題が残されていることなど、震災とそれ以降についてお話しを戴きました。

 

また、今年2月に段葛のツツジを寄贈・植樹した公園予定地も訪問し、しっかりと根付いている様子を確認して参りました。

翌日には郡山女子大学での合同祭事に参列致しました。

正午からの第一部では東大寺との合同祭事、続く第二部ではMJCアンサンブルによる合唱、日本の伝統文化「着物ショー」が行われました。

最終日は栃木県の日光東照宮を訪ね、新しくなった陽明門の輝きや、三猿の豊かな表情など様々な彫刻や建築様式に触れながら神職の方に境内のご説明を戴き、正式参拝に臨みました。
 

来年は5月に宮城県松島市の瑞巌寺で合同祭事が執り行われます。

 

槐の会では、今後も様々な行事を実施して参りますので、皆様どうぞ奮ってご参加下さい。

カテゴリー: 会員の親睦と資質向上, 東日本大震災復興支援

第6回「こころの自由帳」作品展 八幡宮にて開催いたします

11月1日より12月1日まで、第6回「こころの自由帳」作品展を鶴岡八幡宮の直会殿にて開催いたします。

 

「こころの自由帳」は、これまでの東日本大震災復興支援活動を通じてご縁が結ばれた宮城県・福島県内の小中学生の皆さんから、書画・作文・写真・メッセージ等の自由な表現方法でお寄せいただいた「今の気持ち」を紹介する活動です。これまで5回の開催で約1600点の作品を皆さんからお寄せ戴きました。

 

震災発災からの時間の経過により、回を重ねていくごとに作品には色々と変化がみられ、その時々の子どもたちの「こころ」や「今の気持ち」「取り巻く環境等の変化」をうかがい知ることが出来ます。

 

この作品展を通じて、子どもたちの「こころ」に触れ、今私たちにできることを、そしてこれから何をすべきかを、御覧戴いた皆様方にも考えて戴ければ幸いです。開催概要は以下の通りです。

 

 

■開催場所 : 鶴岡八幡宮直会殿ロビー(休憩所2階)

 

■開催期間 : 11月1日(水)~12月1日(金)

 

■開催時間 : 午前10時~午後4時

 

■その他 : 入場無料

 

尚、今後の「こころの自由帳」作品展の開催予定は以下の通りです。今後も様々な場所で作品展示を実施し、より多くの方々に子どもたちのメッセージを伝えてまいります。開催予定については決定次第、随時お知らせ致します。皆様のご来場をお待ちしております。

 

◆奈良県立図書情報館      平成30年1月5日~1月14日

 

 

第6回「こころの自由帳」作品展 詳細はこちら 

 

カテゴリー: 東日本大震災復興支援

『ふくしま・かながわ夏休み交流プログラム 2017』を開催しました

724日から26日にかけて23日の行程で、『ふくしま・かながわ夏休み交流プログラム2017~かながわの文化と自然を体験しよう!~』を開催しました。

 

福島の沿岸地域の子どもたちの多くは、原発事故の影響などにより、震災後5年以上が経過した今でも地元の川や海で思いっきり遊ぶことのできない状況が続いています。このプログラムは、そんな福島県の子どもたち(南相馬市の小学生)を神奈川に招待し、神奈川の文化・自然・人との触れ合いを通して、子どもたちに夏休みの楽しい思い出をつくってあげたいとの想いからはじめられ、今年で5回目の開催となります。

 

震災以降、林間・臨海学校の開催やキャリア教育など、南相馬の子どもたちの健やかな成長のために尽力している特定非営利活動法人「南相馬こどものつばさ」の協力のもと参加者を募り、今年は南相馬市内の小学56年生(10名)が参加しました。

 

1日目は、鶴岡八幡宮にて正式参拝をし、斎館にて抹茶と和菓子を頂きました。その後は「鎌倉ハム富岡商会」にて手作りソーセージ体験を行いました。作り方の説明を受けながら、お肉を実際に触ってたくさんのソーセージを作りました。体験のあとは工場の見学をしてソーセージの種類なども学び、最後に自分たちで作ったソーセージを試食しました。夕刻にはまた鶴岡八幡宮に戻り、この夜は神社で宿泊をしました。

 

 

ソーセージ作り体験

ソーセージ作り体験

斎館にて抹茶を頂きました

斎館にて抹茶を頂きました

2日目は、小田原にある「フォレストアドベンチャー」という森の中のアスレチックで、活動しました。ここでは自己の安全管理について学びながら樹上に組まれたコースを進んでいき、楽しく汗を流しました。午後には山北町の中川温泉に移動し、宿の近くで川遊びをしました。冷たい水に触ったり、水の中にいる生き物を観察したり、暑い中でも涼しさを感じることができました。また、夜はみんなで花火をして夏の思い出をつくりました。

 

川遊び

川遊び

フォレストアドベンチャー

フォレストアドベンチャー

福島からバス・新幹線・バスと乗り継ぎでの長距離移動で大変でしたが、子どもたちは疲れも見せず、全力でプログラムを楽しんでくれました。

槐の会では、今後も被災地の子どもたちの健やかな成長を願って、支援を続けて参りますので、ご協力の程宜しくお願い致します。

カテゴリー: 東日本大震災復興支援

福島県いわき市薄磯地区で「段葛」のツツジ植樹祭が行われました

2月19日、福島県いわき市薄磯地区に「段葛」を彩っていたツツジが寄贈されました。

これまでにも鶴岡八幡宮より、段葛のツツジ約1500株が東日本大震災からの一日も早い復興を祈念して、岩手・宮城・福島県に贈られています。
そして、今回は槐の会の復興支援活動を通じてご縁があった、いわき市の薄磯地区にツツジ100株を贈呈しました。

植樹祭には、いわき市副市長、同市議会議員、薄磯区長、鶴岡八幡宮宮司を始め、地域の皆さん、学生ボランティアなど約150名が参列し、盛大に式典と記念植樹が執り行われ、槐の会担当の職員も、職員代表として参列しました。

 

植栽の様子

ツツジは新たに造成される地域の中央に位置する中街つつじ公園に植栽され、式典後には地域の皆さんとの交流会も行われました。
参加者からは「新たな街のシンボルにしたい」「震災で多くを失ったが、このツツジは一生守っていきたい」などの復興へ向けた希望や願いの声も聞こえました。
槐の会では、今後とも被災地に心を寄せた活動を続けて参ります。
皆様には重ねてご協力を賜りたく、お願い申し上げる次第です。

カテゴリー: 東日本大震災復興支援

1 / 712345...最後 »