カテゴリー:会員の親睦と資質向上

皇居勤労奉仕に参加いたしました

2月19日から22日、槐の会では初めて皇居勤労奉仕に参加しました。

天皇皇后両陛下におかせられては4月30日をもってご譲位あそばされ、翌5月1日には皇太子殿下がご即位なされます。この歴史的な「御代替わり」に際し、会員資質の向上はもとより、皇室国家の歴史や意義を深く知り得るべく「皇居勤労奉仕団」を結成致しました。

 

奉仕に先立ち鶴岡八幡宮にて参加者約40名の会員が集合し、正式参拝、そして結団式を行い、一同気持ちを新たにしました。

 

この奉仕は4日間通しが原則とされ、期間中は宮中賢所、宮殿、赤坂御用地をはじめ、各施設の清掃作業を主に活動を行う傍ら、ご案内下さった宮内庁職員からは貴重なお話も伺うことが出来ました。
 
また天皇皇后両陛下、皇太子殿下よりご会釈も賜り、団長が代表で当会の活動についてご報告申し上げ、両陛下、殿下よりご下問もございました。
最後には「どうかお元気で」「ありがとう」と優しいお言葉を頂戴し、感激のあまり涙ぐむ参加者も。ご会釈の結びは当会の団長が先導役を務め、両陛下を前に万歳三唱を行いました。両陛下、殿下の神々しいお姿と振る舞いに参加者全員が感銘を受け、生涯忘れ得ぬ経験となったことでしょう。

 

勤労奉仕後には解団式を行い、参加者からは「参加して本当に嬉しかった」、「両陛下にお目にかかれて一生の思い出となった」など感謝のお声を多数戴きました。
歴史的な契機にこのような活動が実施出来た事は、当会と致しましても大変有意義であったと感じています。

 

今後も本活動を継続し、神々、皇室を中心とする、我が国の麗しい国柄を学ぶ機会を設けて参りますので、引き続き積極的なご参加を申し上げております。
 

カテゴリー: 会員の親睦と資質向上

「東日本大震災 物故者慰霊と被災地復興への祈り」が岩手県陸前高田市にて行われました

鶴岡八幡宮と東大寺は、私たちの国が常に神仏に見守られながら困難を克服してきた歴史に思いを致し、「東日本大震災により犠牲となられた御霊の安らかならんこと」と「被災地の一日も早い復興」を祈る合同の祭事・法要を、発災のその年から鎌倉と奈良の地で交互に行って参りました。
 
発災から7年目となる今年は、5月の宮城県松島市瑞巌寺に続き、岩手県陸前高田市で行われ、東大寺式衆による大般若経の転読、鶴岡八幡宮宮司による祝詞の奏上、また八幡宮巫女による浦安の舞の奉仕など、宗教をこえて祈りを捧げ、参列者一同が更に、物故者慰霊と復興に向けた思いを強くしました。
 

 
合同祭事の結びには、奉納行事としてさだまさし氏による奉納演奏が行われ、1,000人を超える参列者が熱心に歌声に聞き入っていました。
 
次の合同祭事は来年10月に福島県南相馬市で行われる予定です。
皆様におかれましても被災地復興へ心をお寄せ戴きますと共に、当会の諸行事にも奮ってのご参加をお待ち致しております。

カテゴリー: 会員の親睦と資質向上, 東日本大震災復興支援

「東日本大震災 物故者慰霊と被災地復興への祈り」が福島県郡山にて行われました

10月22日、福島県郡山市郡山女子大学において、第8回目となる鶴岡八幡宮と東大寺の合同祭事「東日本大震災 物故者慰霊と被災地復興への祈り」が行われました。

鶴岡八幡宮と東大寺は、私たちの国が常に神仏に見守られながら困難を克服してきた歴史に思いを致し、「東日本大震災により犠牲となられた御霊の安らかならんこと」と「被災地の一日も早い復興」を祈る合同の祭事・法要を、発災のその年から鎌倉と奈良の地で交互に行ってきました。本年は開催以来、初めて東北の地で復興祈願祭を執り行いました。

 

 

槐の会では「合同祭事」への参列を中心とした2泊3日の研修旅行を企画し、約20名の会員が参列致しました。

初日には被災地へと赴き、津波被害の大きかったエリアを震災語り部ガイドの方にお話しを戴きながら視察を行いました。造成工事が少しずつ進むなか、人口の流出や居住地の問題など新たな問題が残されていることなど、震災とそれ以降についてお話しを戴きました。

 

また、今年2月に段葛のツツジを寄贈・植樹した公園予定地も訪問し、しっかりと根付いている様子を確認して参りました。

翌日には郡山女子大学での合同祭事に参列致しました。

正午からの第一部では東大寺との合同祭事、続く第二部ではMJCアンサンブルによる合唱、日本の伝統文化「着物ショー」が行われました。

最終日は栃木県の日光東照宮を訪ね、新しくなった陽明門の輝きや、三猿の豊かな表情など様々な彫刻や建築様式に触れながら神職の方に境内のご説明を戴き、正式参拝に臨みました。
 

来年は5月に宮城県松島市の瑞巌寺で合同祭事が執り行われます。

 

槐の会では、今後も様々な行事を実施して参りますので、皆様どうぞ奮ってご参加下さい。

カテゴリー: 会員の親睦と資質向上, 東日本大震災復興支援

櫻井よしこ先生講演『戦後70年、日本の岐路』が開催されました

櫻井よしこ先生講演(鎌倉芸術館)

「戦後70年、日本の岐路」 講師:櫻井よしこ先生

会場の様子(鎌倉芸術館)

去る11月17日、櫻井よしこ先生を講師としてお招きし、鎌倉芸術館に於いて「神奈川県神社庁 鎌倉横須賀三浦連合支部」主催の時局研修会が開催されました。

全国約8万社の神社を包括する神社本庁の地方機関・神奈川県神社庁の下部組織として鎌倉横須賀三浦連合支部がありますが、鶴岡八幡宮はその連合支部管内の神社です。鶴岡八幡宮の外郭団体である本会としては、この講演を会員の皆様の資質向上のための機会と捉え、「槐の会」としてお席を一部頂くことが出来ました。

支部管内(鎌倉市・逗子市・葉山町・横須賀市・三浦市)に在住の会員の方々を中心にご案内をお送りし、約180人の会員の皆様にお集まりいただきました。全体では約600名の方々が参加され、櫻井先生から、現在の日本が国際情勢の中でどのような状況にあるのか、今、様々な脅威にさらされている日本を取り巻く環境や領土領海問題などについてご説明をいただき、これからも日本が世界で輝き続けるためにはどうすべきか、先生のお考えをお話いただきました。

会場の聴講者それぞれに語り掛けるように、非常に分かりやすくお話をいただき、子どもたちが誇りを持てる国にするには、日本の伝統と文化を次世代にしっかりと引き継いでゆくには等々、戦後70年という節目の年に、参加者それぞれにとって、これからの日本について考える意義深い機会となりました。

カテゴリー: 会員の親睦と資質向上

國學院大學院友会神奈川県支部主催 公開講演会「大地震に備える地域と家庭の防災・危機管理」を開催します

平成23年3月の東日本大震災から4年が経過しました。地震大国日本ということを痛感し、防災への関心など高まりを見せています。また関東に置いては首都直下地震等、巨大災害の発生が危惧されており、国・市町村が災害発生時、どのように対処すべきか、議論を重ねてきています。

下記講演会は、防災意識を高め予想される災害へ備えるとともに、今も猶、復興へ向けて取り組む被災地域への思いを風化させないために、國學院大學の同窓組織「國學院大學院友会・神奈川県支部」の企画・運営による講演会で、槐の会も後援しております。

席に限りはございますが、入場は無料です。会員の皆様のご参加をお待ちしております。

 

◆日 時  平成27年6月20日(土)15:00~16:30

◆場 所  鶴岡八幡宮 直会殿

◆演 題  大地震に備える地域と家庭の防災・危機管理

◆講 師  山 村 武 彦 先生(防災・危機管理アドバイザー) 

◆その他  入場無料。 詳細はこちらをご覧下さい。

カテゴリー: 会員の親睦と資質向上

1 / 3123