カテゴリー:国際交流と相互理解

「第4回崇敬者大祭が行われました」

10月2日、「崇敬者大祭」が行われました。本年で4回目を迎える祭事当日は、昨年よりも更に多くの会員の方々が祭事と流鏑馬に参列・拝観されました。
祭事後の直会では第4回写真展「四季の鶴岡八幡宮」の授賞式も併せて行われ、受賞者には賞状と記念品が贈呈されました。また本年は、東日本大震災復興支援の募金箱も設置され、多くの方々から御志をお預かりする事が出来ました。
流鏑馬では、本会の目的の一つである国際交流推進の一端として、在日各国公館関係者子弟による諸役の体験奉仕や、「国際交流席」を設置しての拝観など、在留外国人の皆様にも日本文化に触れて頂く機会も設けられました。

 

h23_10第4回崇敬者大祭h23_10第4回崇敬者大祭2h23_10第4回崇敬者大祭3h23_10第4回崇敬者大祭4

カテゴリー: 国際交流と相互理解

セミナー「外国人学者の眼に映ったカミ・ホトケ」開催のお知らせ

「外国人学者の眼に映ったカミ・ホトケ」というテーマでセミナーが開催されます。

講話はすべて日本語で行われ、入場は無料となっております。皆様のご来場をお待ちしております。
尚、詳細お問い合わせ・お申し込みは下記の連絡先までお願いいたします。
※鶴岡八幡宮、槐の会ではお申し込み等受付ておりませんので御了承ください。

 

問い合わせ先

NPO法人 神道国際学会
〒132-0035
東京都江戸川区平井5−22−9
田中ビル3階
tell・Fax 03-3610-3975
e-mail event@shinto.org

 

主催:NPO法人 神道国際学会
後援:鶴岡八幡宮
協賛:槐の会

日時 平成23年2月27日(日)
午後12時30分〜5時
(開場:正午)
会場 鶴岡八幡宮 直会殿

カテゴリー: 国際交流と相互理解

第三回「崇敬者大祭」が行われました

10月3日、本年で3回目を迎える「崇敬者大祭」が行われました。
当日は秋空の中、昨年よりも更に多くの会員の方々が祭典と流鏑馬に参列・拝観されました。
祭典執行後の流鏑馬では、本会の目的である国際交流活動推進のために「国際交流席」の設置や、在日各国公館関係者子弟による諸役の体験奉仕など、在留外国人の皆様にも日本文化に触れて頂く機会が設けられました。
祭典後の直会では、先般開催された写真展「四季の鶴岡八幡宮」の授賞式も併せて行われました。

 

h22_10第三回崇敬者大祭1h22_10第三回崇敬者大祭2h22_10第三回崇敬者大祭3h22_10第三回崇敬者大祭4

カテゴリー: 国際交流と相互理解

第二回「崇敬者大祭」が行われました

10月4日、本年で2回目を迎える「崇敬者大祭」が行われました。当日は秋空の中、昨年よりも更に多くの会員の方々が祭典と流鏑馬に参列・拝観されました。
祭典執行後の流鏑馬では、本会の目的である国際交流活動推進のために「国際交流席」の設置や、在日各国公館関係者子弟による諸役の体験奉仕など、在留外国人の皆様にも日本文化に触れて頂く機会が設けられました。
祭典後の直会では、先般開催された写真展「四季の鶴岡八幡宮」の授賞式も併せて行われました。

 

h21_10第2回崇敬者大祭1h21_10第2回崇敬者大祭2

カテゴリー: 国際交流と相互理解

第二回槐の会伝統文化セミナー 御鎮座記念祭「御神楽」を開催いたしました

去る12月16日、御鎮座記念祭にあわせて「第二回槐の会伝統文化セミナー」が行われ、今回は専修大学文学部と鶴岡文庫が共催する公開シンポジウム『王朝文学と宮中行事』に協賛として参加致しました。(ご応募多数の為、会員のうち先着の100名様にご参加いただきました。)
専修大学副学長 荒木敏夫氏・鶴岡八幡宮田宮司の挨拶の後、まず明治大学 日向一雅教授・同志社大学 廣田收教授・東京学芸大学 河添房江教授・専修大学 小山利彦教授によりそれぞれご専門分野の講義があり、次にフロアーからの質問に対するレクチャーをいただきました。
シンポジウムの後、篝火が照らす浄闇の中で奉仕される御神楽を、厳かな雰囲気に包まれながら拝観いたしました。御神楽拝観には、在日公館関係者や国際交流機関の皆様を招待して国際交流席も設けられました。

 

h20_12セミナー1h20_12セミナー3h20_12セミナー2

カテゴリー: 国際交流と相互理解

2 / 3123