カテゴリー:自然環境保護

第10回 写真展「四季の鶴岡八幡宮」が終了致しました

10回写真展「四季の鶴岡八幡宮」が、92日(土)から98日(金)までの7日間、鶴岡八幡宮の直会殿にて開催されました。この写真展は、鶴岡八幡宮の境内環境の素晴らしさと感動をより多くの方々に紹介することで、一人でも多くの方に、自然環境保護活動への意識を高めて戴くために、当会が主催しております。

 

期間中は、入賞作品約60点を展示し、多くの方々にご来場戴きました。また会場には、当会による「青少年育成活動」や、やどりき水源林での「自然環境保護活動」を紹介するスペースも設け、ご来場の皆様には、当会の活動へのご理解を深めて戴けたことと存じます。

来年度も、第11回写真展の開催を予定しております。作品募集期間は5月1日~7月末の予定です。一般カメラの部に加え、携帯電話・スマートフォンの部への応募もお待ちしております。

 

上位授賞者氏名等、以下に掲載させて戴きます。(敬称略、順不同)

 

・鶴賞「輝く春」              撮影者:岩崎茂樹

・審          「楼門を彩る風」           撮影者:横澤千登里

・カメラキタムラ  「おねだり」             撮影者:今泉

 

・優  秀  賞    「白旗神社白い記憶」           撮影者:森崎清光

・優  秀  賞    「春ぼたん」              撮影者:佐藤百合子

・優  秀  賞    「新緑の頃」                  撮影者:林知道

・優  秀  賞    「お浄め神事」               撮影者:鎌田俊介

・優  秀  賞    「庭燎の奏で」            撮影者:望月重雄

・佳     作    「いざ、射ぬかん!」       撮影者:福島七重

・佳     作    「秋雪に映えて」         撮影者:小寺邦雄

・佳     作    「木洩れ日」           撮影者:髙根昭八

・佳     作    「青茂る白」                     撮影者:深山憲明

・佳     作    「源氏池のカモメ」        撮影者:根本紀男

・佳     作    「源氏池の麗人」         撮影者:坂井素子

・佳     作    「神域の宝石」             撮影者:漆原利大

・佳     作    「茅の輪に願掛けて」       撮影者:平井靖子

・佳     作    「花吹雪」            撮影者:中沢賢治

・佳     作    「駆ける」               撮影者:山内明徳

カテゴリー: 自然環境保護

槐の会 第10回写真展「四季の鶴岡八幡宮」を開催します。

9月2日から9月8日の7日間、鶴岡八幡宮の直会殿におきまして、写真展「四季の鶴岡八幡宮」を開催致します。皆様のおかげで、今年で第10回目を迎えることが出来ました。

この写真展は、当会が自然環境保護活動の一端として開催しており、神域の風光のすばらしさを再発見することを通じて、環境保護への意識を高めていただきたいという趣旨の下にご参加を呼び掛けております。
今年は、15歳から88歳まで幅広い年代の方々から、267点のご応募をいただきました。
厳正な審査により選出された約60点の作品を展示いたしますので、是非、ご参拝旁々ご鑑賞ください。

 

■開催場所:鶴岡八幡宮 直会殿(休憩所2階)

■展示期間:平成29年9月2日(土) ~ 9月8日(金)
*7日は一部展示場所が変更となります。ご容赦下さい。

■展示時間:10:00 ~ 16:00(16時閉館)

■入場料:無料

 

カテゴリー: 自然環境保護

青少年育成活動への支援を行いました

槐の会では毎年8月に、青少年育成のための活動として、鶴岡八幡宮・子ども会「鶴の子会」主催で行われる鶴岡林間学校へ、子どもたちの学びの場としてパートナー林「延寿の森」と記念品の提供、そして指導者(森林インストラク
ター)の斡旋を行っています。

 

当日は八幡宮に集合し、八幡様に活動の無事を祈ってお参りをした後、やどりき水源林までバスで移動しました。到着後は、森林インストラクターの指導の下、班ごとに分かれて、以下の通り活動しました。

 

■活動1 水棲生物の観察

河原で水棲生物の採集・観察を行い、プラナリアやトビケラなど普段観ることができない清流に棲む小さな生物の生態について学習しました。

 

■活動2 林内散策

インストラクターから植物や生き物などの森に関する様々な説明を聞きながら、林の中を散策しました。

 

 

今回の記念品には「温度計」を用意し、参加した子どもたち全員に配布しました。この記念品は、自然環境について考える教材として、「延寿の森」から生まれた「間伐材」を用いて毎年オリジナルに製作しているものです。

この水源林を護るために間伐した木々を利用した「温度計」から、子どもたちが「無駄にしない」「もったいない」「有り難い」といった日本人のこころも学び取ってくれることを願っています。

 

今年も雨が心配される中ではありましたが、子供たちはなかなか訪れることができない大自然の中でのびのびと活動をしていました。

槐の会では、青少年育成のための支援を今後も続けて参ります。

カテゴリー: 自然環境保護, 青少年育成

第10回写真展「四季の鶴岡八幡宮」入賞作品の選考審査を実施しました

写真展審査の様子写真展審査の様子

 

槐の会は、鶴岡八幡宮境内の豊かな自然や四季特有の祭事を多くの方々に紹介し、自然環境保護への意識を高めて戴くために、写真展「四季の鶴岡八幡宮」を開催しております。

5月1日から7月30日まで作品を募り、会員をはじめ一般の多くの方々から、250点以上もの応募をいただきました。応募者の年齢層は10代から90代と幅広く、視点や被写体も様々で、鶴岡八幡宮の四季折々の姿が写されていました。

8月1日、芳賀日出男先生(日本写真家協会名誉会員)を審査委員長にむかえ、厳正な審査の結果、「鶴岡八幡宮宮司賞」「審査委員長賞」をはじめ、約60点の入賞作品が選ばれました。

9月上旬には、鶴岡八幡宮で入賞作品の展示を予定しておりますので、その風光の素晴らしさや、厳粛な神事・祈りの一瞬をとらえた作品の数々を是非ご覧下さい。展示期間等、詳細については、決定次第、お知らせ致します。

 

尚、『活動行事』ページ左側の『「四季の鶴岡八幡宮」写真展』をクリックしていただくと、過去の入賞作品(一部)がご覧いただけます。

カテゴリー: 自然環境保護

平成29年度 春の『森林活動』が行われました

槐の会は、神奈川県の森林再生パートナーとして、神奈川の美しい森と、そこで育まれる清らかな水や空気を守り伝えてゆく活動を続けております。
5月20日、南足柄市の「神奈川県立21世紀の森」において、本年第1回目となる春の森林活動が行われ、約50名の皆様にご参加いただきました。
 
午前中は、数班に分かれて林内整備作業を行いました。
枯れている樹木の伐採や、群生しているアオキの除伐を行い、森林の手入れを行いました。
整備作業をしている間、生え変わりのために落ちている鹿の角を見つけるという珍しい出来事もありました。
 

アオキ除伐の様子

カツラの伐採の様子

 

春は鹿の角の生え変わりの季節だそうです

 
午後は「自然観察」「健脚トレッキング」「クラフト工作」の3コースに分かれて活動をしました。
 
「自然散策」コースでは、インストラクターより季節の草花の説明を聞きながら、新緑の輝く林内をしました。ゴール時にハーブティーを飲む等、癒し体験もしました。
「健脚トレッキング」コースでは、21世紀の森のなかにある「どんぐりコース」「金太郎コース」を周遊しました。起伏の激しいコースでしたが、脱落者が出ることもなく、全員がコースを歩ききることが出来ました。
 

散策の合間に、呼吸法を用いた癒し体験を行いました

 

 
「クラフト工作」コースでは、鉋(かんな)を用いて、ヒノキを削り、「マイ箸」を作成しました。仕上げには電子ペンで日付や名前を焼き入れ、それぞれオリジナルの「マイ箸」を作り上げました。
 

鉋を用いて材料のヒノキを削ります

電子ペンで文字を入れて、オリジナルの箸の完成です

 
当日は天候に恵まれ、汗ばむほどの晴天のもと、森林活動を行うことができました。また秋頃にも活動を予定しておりますので、皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

カテゴリー: 自然環境保護

1 / 1112345...10...最後 »