カテゴリー:青少年育成

青少年育成活動への支援を行いました

槐の会では毎年8月に、青少年育成のための活動として、鶴岡八幡宮・子ども会「鶴の子会」主催で行われる鶴岡林間学校へ、子どもたちの学びの場としてパートナー林「延寿の森」と記念品の提供、そして指導者(森林インストラク
ター)の斡旋を行っています。

 

当日は八幡宮に集合し、八幡様に活動の無事を祈ってお参りをした後、やどりき水源林までバスで移動しました。到着後は、森林インストラクターの指導の下、班ごとに分かれて、以下の通り活動しました。

 

■活動1 水棲生物の観察

河原で水棲生物の採集・観察を行い、プラナリアやトビケラなど普段観ることができない清流に棲む小さな生物の生態について学習しました。

 

■活動2 林内散策

インストラクターから植物や生き物などの森に関する様々な説明を聞きながら、林の中を散策しました。

 

 

今回の記念品には「温度計」を用意し、参加した子どもたち全員に配布しました。この記念品は、自然環境について考える教材として、「延寿の森」から生まれた「間伐材」を用いて毎年オリジナルに製作しているものです。

この水源林を護るために間伐した木々を利用した「温度計」から、子どもたちが「無駄にしない」「もったいない」「有り難い」といった日本人のこころも学び取ってくれることを願っています。

 

今年も雨が心配される中ではありましたが、子供たちはなかなか訪れることができない大自然の中でのびのびと活動をしていました。

槐の会では、青少年育成のための支援を今後も続けて参ります。

カテゴリー: 自然環境保護, 青少年育成

青少年育成活動への支援を行いました

槐の会では毎年8月に、青少年育成のための活動として、鶴岡八幡宮・子ども会「鶴の子会」主催で行われる鶴岡林間学校へ、子どもたちの学びの場としてパートナー林「延寿の森」と記念品の提供、そして指導者(森林インストラクター)の斡旋を行っています。

 

今回の記念品には「置時計」を用意し、参加した子どもたち全員に配布しました。この記念品は、自然環境について考える教材として、「延寿の森」から生まれた「間伐材」用いて毎年オリジナルに製作しているものです。

 

前日の豪雨の影響もあり、残念ながら今年度は実際に水源林で活動することが叶いませんでしたが、記念品を手に取った子どもたちは、木独特の香りや質感をそれぞれの五感で確かめ、目をキラキラとさせていました。
この水源林を護るために間伐した木々を利用した「置時計」から、子どもたちが「無駄にしない」「もったいない」「有り難い」といった日本人のこころも学び取ってくれることを願っています。

 

槐の会では、青少年育成のための支援を今後も続けて参ります。

 

間伐材で製作した「置時計」

間伐材で製作した「置時計」

カテゴリー: 青少年育成

青少年育成活動への支援を行いました

水源林ミニチュア実験セット
水源林ミニチュア実験セットで、森のダム構造について学習

 

鶴岡八幡宮・子ども会「鶴の子会」主催で毎年8月に行われる鶴岡林間学校へ、子どもたちの学びの場として、パートナー林「延寿の森」の提供と、指導者(森林インストラクター)の斡旋を行いました。

当日は八幡宮に集合し、八幡様に活動の無事を祈ってお参りの後、やどりき水源林までバスで移動しました。現地に到着後は、森林インストラクターの指導の下、班ごとに分かれて、以下の通り活動しました。

 

■活動1 水棲生物の観察

河原で水棲生物の採集・観察を行い、清流に棲む小さな生物の生態について学習しました。

水棲生物の観察

網の使い方を習いました

水棲生物の観察

みんなで一所懸命、探しました

カジカ

「カジカ」もいました

水棲生物の観察

捕まえた生き物をみんなで観察しました

 
■活動2 林内散策

様々な植物や自然の音に触れながら水源林内を散策したり、ハンモックに揺られて心地良い時間を過ごしました。
また、水源林のミニチュア実験セットを用いて、水を蓄え濾過する森のダム構造について学びました。木が生えている方は、水をよく蓄え、流れ出てくる水もきれいでした。一方、木が生えていない方は、流れ出てくる水の量が多く、濁っていました。参加した子どもたちは、このミニチュア実験により自分たちの暮らしを護る水源林の大切さについて学びました。

ハンモック

ハンモックに揺られて、安らぎのひととき

樹間のゆらぎ観察

森に寝そべって、樹間の揺らぎを観察

年輪観察

木々の生長(年輪)について学びました

木伝導

木伝導(木の枝で水の流れる音に耳をすましました)

水源林ミニチュア実験セット

水源林ミニチュア実験                      (左:木が生えていない / 右:木が生えている)

水源林ミニチュア実験

水をそれぞれ流すと・・・                          左:濁った水が溜まる  右:きれいな水が溜まる

 

最後に、今年度も参加した子どもたちに環境教育教材として「延寿の森」の間伐材で作製した「砂時計」をプレゼントしました。手に取った子ども達は、自然の香りと、ゆっくりと落ちていく砂に興味津々といった様子でした。

子ども達が、水源林を護るために間伐した木々を利用した「砂時計」から、「無駄にしない」「もったいない」「有り難い」といった日本人のこころを学び取ってくれることを願って、今後も活動を続けていきます。

間伐材を利用した記念品(砂時計)

間伐材を利用した記念品(砂時計)

カテゴリー: 自然環境保護, 青少年育成

『ふくしま・かながわ夏休み交流プログラム2015』を開催しました

山北町の中川で水遊び

 

7月24日~26日『ふくしま・かながわ夏休み交流プログラム2015~かながわの文化と自然を体験しよう!~』を

2泊3日の行程で開催しました。

 

南相馬からバスで出発

1.南相馬での出発式(お父さん、お母さんに挨拶)

福島駅から新幹線で東京駅へ

福島駅から新幹線で東京へ

鶴岡八幡宮で記念撮影

3.やっと鎌倉に到着(鶴岡八幡宮で記念撮影)

会長より挨拶

4.槐の会会長(鶴岡八幡宮宮司)よりご挨拶

 

沿岸地域の福島の子どもたちの多くは、原発事故の影響などにより、震災後4年以上が経過した今でも地元の川や海で思いっきり遊ぶことのできない状況が続いています。このプログラムは、そんな福島県の子どもたち(南相馬市の小学生)を神奈川に招待し、神奈川の文化・自然・人との触れ合いを通して、子どもたちに夏休みの楽しい思い出をつくってあげたいとの想いからはじめられ、今年で3回目の開催となります。

震災以降、林間・臨海学校の開催やキャリア教育など、南相馬の子どもたちの健やかな成長のために尽力している特定非営利活動法人「南相馬こどものつばさ」の協力のもと参加者を募り、今年は南相馬市内の小学3~5年生(21名)が参加しました。

 

鎌倉彫の彫刻体験

5.鎌倉彫の彫刻体験

図案に沿って、コースターに彫り入れ

6.図案に沿って、コースターに絵柄を彫り込む

荏柄天神社の宵宮

7.荏柄天神社の宵宮の様子

御日供祭に参列

8.翌朝、八幡様にお供えをする御日供祭に参列

 

 1日目は、文化体験を中心としたプログラムを行いました。先ずは鎌倉の伝統文化である「鎌倉彫」の彫刻体験で、コースターに「鳥」「兎」「梅」の絵柄を図案に基づいて一生懸命彫り込みました。作品は漆を塗って後日、鎌倉の思い出としてプレゼントします。夜には、鎌倉の荏柄天神社で行われた「宵宮」に参加しました。「宵宮」とは、その神社に縁の深い日に行われる、一年で一番大切なお祭り「例大祭」の前夜祭のことです。賑やかな境内で、綿アメやくじ引きなど、子どもたちは思い思いに楽しんでいました。

 

フォレストアドベンチャー(縄はしごを登る)

9.フォレストアドベンチャー(縄はしごを一歩一歩、上へ)

命綱を自分で繋ぎ、樹上のアスレチックコースを進みます

10.命綱を自分で繋ぎ、樹上のアスレチックコースを進みます

大滑走

11.大滑走!

みんなでバーベキュー!

12.お昼は、みんなでバーベキュー!

山北町の中川で水遊び

13.山北町の中川で水遊び

最後は花火

14.最後は花火で思い出づくり

 

2日目は、自然体験プログラムを中心に、先ずは小田原にある「フォレストアドベンチャー」という森の中のアスレチックで、安全管理について学びながら樹上のコースを進んでいき、楽しく汗を流しました。昼食は、皆で準備をしてバーベキューを楽しみました。夕方には山北町の中川温泉に移動し、近くの川で水遊びをしました。久しぶりの川遊び、子どもたちの笑顔が輝いていました。

 

また、このプログラムには鶴岡八幡宮・子ども会「鶴の子会」青年部の中学生・高校生がボランティアとして参加し、福島の子ども達との交流を深めました。

 

日差しが厳しい中、福島からバス・新幹線・バスと乗り継いでの移動で大変でしたが、神奈川の文化と自然に触れ、子どもたちはとても楽しい時を過ごしてくれたように思います。槐の会は、今後も被災地の子どもたちの健やかな成長を願って、支援を続けて参ります。

カテゴリー: 東日本大震災復興支援, 青少年育成

青少年育成活動への支援を行いました

準備体操

やどりき水源林に到着、参加者全員で準備体操

水生生物の観察

清流にすむ生き物の観察

夢中になって探す子どもたち

夢中になって探す子どもたち

水生生物の観察3

森林インストラクターの先生が水生生物について説明

「カジカ」

「カジカ」もいました

葉っぱスタンプでトートバック作り

葉っぱスタンプでトートバック作り

トートバック作り(スタンプ用の葉っぱ探し)

スタンプ用の「葉っぱ」探し

トートバックに「葉っぱスタンプ」で模様付け

トートバックに「葉っぱスタンプ」で色づけ

間伐材の記念品

参加した子どもたちに、間伐材でつくった「物差し」と「定規」をプレゼント

 

 

毎年8月に行われる鶴岡林間学校(鶴岡八幡宮子ども会「鶴の子会」主催)へ、子どもたちの学びの場としてパートナー林「延寿の森」の提供と、指導者(森林インストラクター)の斡旋を行いました。

この林間学校「水源林プログラム」では、槐の会が東日本大震災復興支援活動の一環として行っている「ふくしま・かながわ夏休み子ども交流プログラム2014」に参加した福島県南相馬市の小学生18名も一緒に活動し、交流を深めることが出来ました。
林間学校に参加した子ども達は、水棲生物の採集・観察と、林内の様々な植物をスタンプとして利用したトートバッグ作りを行い、思い思いの作品を作り上げました。
また子ども達には、環境教育教材として、「延寿の森」の間伐材で作成した「ものさし」と「定規」を提供しました。

カテゴリー: 青少年育成

1 / 212