カテゴリー:伝統文化の振興

第11回 崇敬者大祭が執り行われました

本年で第11回目となる崇敬者大祭が、10月7日に行われました。
当日は天候にも恵まれ、晴天の中、700名を超える多くの会員が参列しました。
会員は八幡様のご神恩に感謝し、明るい社会が築かれるよう祈りながら、自らの手で玉串拝礼を行いました。
 

参列者のお祓い

祭主による祝詞奏上

巫女による萬代の舞

参列者全員で玉串拝礼

午後には流鏑馬を執行し、更に多くの会員の方々が拝観されました。
本年は総奉行に、鎌倉文学館館長・富岡幸一郎様をお迎えし、勇壮に流鏑馬が執り行なわれました。
 

神酒拝戴式

馬場入

国際交流活動の一端として、的中を知らせる【采揚(ざいあげ)】や、射手の交代時に的を換える【的持(まともち)】等の所役の体験奉仕に、在日米・英・豪・加各大使館関係者子弟が参加され、子どもたちからは、「日本の文化を体験できて楽しかった」という感想も。槐の会では今後も交流活動を推進し、世界平和の実現に寄与して参ります。
 

国際交流活動

流鏑馬の様子

カテゴリー: 伝統文化の振興, 国際交流と相互理解

平成30年度の月次祭への参列がはじまりました

 

月次祭は八幡様とご縁の深い毎月15日に執り行われ、神恩感謝と、崇敬者の皆様の益々の繁栄をお祈りする祭事です。
槐の会会員の皆様には、特別に参列の機会が設けられており、年間で7回(5月・6月・7月・8月・10月・2月・3月)実施されます。

 

 

月次祭への参列は実際の「お祭り」を肌で感じることが出来る貴重な機会であり、鶴岡八幡宮の外郭団体である「槐の会」の活動の中でも、八幡様と会員の皆様のご縁を、更に強く太くしていただく重要な活動です。

例年多数のお申し込みがあることから、平成27年度の月次祭より参列人数の定員を増やしており、本年も多くの会員の皆様にご参列いただいております。

 

 

尚、本年度の参列申込の受付は既に終了しております。

来年度の「月次祭参列のご案内」は、「会員更新手続き」のご案内と一緒に、年度末(平成31年3月)にお送り致します。

 

槐の会は、鶴岡八幡宮の外郭団体として今後も日本の伝統文化の素晴らしさを幅広い人々にお伝えする機会をつくり、次の世代に伝えていけるよう取り組んで参ります。

カテゴリー: 伝統文化の振興

平成29年度伝統文化セミナーを開催しました

12月16日、「伝統文化セミナー」を開催しました。

 

このセミナーは鶴岡文庫との共催で、鶴岡八幡宮御鎮座記念祭の日に合わせて開催しています。
第11回目となる今回は、講師に帝京短期大学名誉教授 小林一臣氏をお迎えし、
「清少納言 横笛を『あなおもしろ』と - 御神楽と枕草子・源氏物語 -」をテーマに講演を賜りました。

 

講演後は拝観席へ移動し、御神楽の拝観を行いました。
風の強い日ではありましたが、大石段前に灯された篝火のもと、
拝観者は皆一体となって御神楽の奉奏を見守りました。

 

槐の会は鶴岡八幡宮の外郭団体として、今後も日本の伝統的な精神文化の素晴らしさを
幅広い人々が認識する機会をつくり、次の世代に伝えていけるよう取り組んでいきます。
これからも皆様の活動へのご参加をお待ちしております。

カテゴリー: 伝統文化の振興

第10回 崇敬者大祭が執り行われました

本年で第10回目となる崇敬者大祭が、10月1日に行われました。

当日は天候にも恵まれ、晴天の中、600人を超える多くの会員が参列しました。

会員は八幡様のご神恩に感謝し、明るい社会が築かれるよう祈りながら、自身の手で玉串拝礼を行いました。

祭主による祝詞奏上

参列者のお祓い

巫女による萬代の舞

参列者全員で玉串拝礼

 

午後には流鏑馬を執行し、更に多くの会員の方々が拝観されました。

本年は総奉行に、鎌倉市観光協会会長・大森道明様をお迎えし、勇壮に流鏑馬が執り行なわれました。大森様は当宮研修道場の剣道科において長年に亘り熱心なご指導をいただいておりますとともに、地区役員としても多大なご尽力を賜っております。

また、国際交流活動の一端として、的中を知らせる【采揚(ざいあげ)】や、射手の交代時に的を換える【的持(まともち)】等の諸役の体験奉仕に、在日各国公館関係者子弟が参加しました。子どもたちからは、「日本の文化を体験できて楽しかった」という感想をいただきました。

神酒拝戴式

馬場入

国際交流活動 的持を体験

見事的中!

 

カテゴリー: 伝統文化の振興, 国際交流と相互理解

平成29年度の月次祭への参列がはじまりました

平成29年度の月次祭への参列がはじまりました。
 

巫女による萬代舞(よろずよのまい)

玉串拝礼の様子

 

月次祭は八幡様とご縁の深い毎月15日に執り行われ、神恩感謝と、崇敬者の皆様の益々の繁栄をお祈りする祭事です。
槐の会会員の皆様には、特別に参列の機会が設けられており、年間で7回(5月・6月・7月・8月・10月・2月・3月)実施されます。
 

月次祭への参列は実際の「お祭り」を肌で感じることが出来る貴重な機会であり、鶴岡八幡宮の外郭団体である「槐の会」の活動の中でも、八幡様と会員の皆様のご縁を、更に強く太くしていただく重要な活動です。
例年多数のお申し込みがあることから、平成27年度の月次祭より参列人数の定員を増やしており、本年も多くの会員の皆様にご参列いただいております。
 

尚、本年度の参列申込の受付は既に終了しております。
次年度の「月次祭参列のご案内」は、「会員更新手続き」のご案内と一緒に年度末(平成30年3月)にお送り致します。

 

槐の会は、鶴岡八幡宮の外郭団体として今後も日本の伝統文化の素晴らしさを幅広い人々にお伝えする機会をつくり、次の世代に伝えていけるよう取り組んで参ります。

カテゴリー: 伝統文化の振興

1 / 41234