伝統文化セミナー『御神楽』を開催しました

12月16日、「第4回槐の会伝統文化セミナー」を行いました。
このセミナーは鶴岡文庫との共催で毎年、鶴岡八幡宮後鎮座記念祭の日に合わせて開催しています。
今年は槐の会会長でもある鶴岡八幡宮 吉田宮司が「鶴岡八幡宮と御神楽」をテーマに講演を行い、
参加者約500名は鎌倉時代の歴史から説き起こす、判り易い講話に興味深く耳を傾けていました。
講演後は大石段下に設けられた拝観席に移動し、浄闇の中で静かに流れる神楽歌と篝火に浮かび上がる
舞人の姿を通して頼朝公の昔に思いを馳せていました。また、在日公館関係者や国際交流機関の
皆様の為に国際交流席が設けられ、招待者には非日常な空間を存分に共有し感動して戴けたようです。
槐の会は鶴岡八幡宮の外郭団体として、今後も御神楽を始め日本の伝統の素晴らしさを
幅広い人々が認識する機会をつくり、次の世代に伝えていけるよう取り組んでいきます。

 

h22_12セミナー1h22_12セミナー2


カテゴリー: 伝統文化の振興